Solutions for
Virtual Test Driving

バーチャル・テスト・ドライビングでゴールを目指します

IPG Automotiveが提供するテスト手法が、あらゆる要件を満たし、車両開発を効率化します

開発プロセス要件の増加

今日、車両の安全性、快適性、応答性、効率性はかつてないほど高まっており、すべての道路利用者がこれらの大きな成果を享受しています。 しかしながら、エンジニアにとって、この開発プロセスは、非常な困難となっています。車両システムの複雑化と相互接続が進み、それぞれを別のものと見なすことはもはやできません。車両全体との関連を考えながら、現実に即した条件(シナリオ)で試験を実施する必要があります。その結果、開発プロセスの要件が増加し、車両システムのキャリブレーションと検証がさらに複雑化しています。

バーチャル・テスト・ドライビング

当社の目標は、細部に至るまで正確さを追求した仮想世界の現実的な交通状況で、車両全体におけるシステムをテストすることです。この独自の手法により、開発プロセスの多くの要件に対応することが可能です。自動車システム・エンジニアリングのアプローチでは、システムを個々の独立したサブシステムの集まりと見なすのではなく、システム全体をテストします。バーチャル・テスト・ドライビングと現実世界の試験走行を組み合わせることで、開発プロセスの効率を大きく向上し、大幅なコスト削減と時間短縮を実現できます。また、フロント・ローディング(前倒し)方式により、車両全体のシステム・ネットワークの初期段階において、考え得るあらゆる交通状況でイノベーションのテストを行うことができます。

お客様を常にサポート

開発プロセス全体を通してパートナーとしてお客様に寄り添います。これは当社の設立理念です。IPG Automotiveはシミュレーション分野での長年の経験を活かし、シミュレーション・ソフトウェアから、高パフォーマンスのリアルタイム・ハードウェア、ターンキーテスト・システムエンジニアリング・サービスによるサポートまで、バーチャル・テスト・ドライビングに必要なすべてを提供します。シミュレーション・ソリューションの開発においては、ビークル・ダイナミクス運転支援パワートレインの各領域のアプリケーションに特に注力しています。また、その他アプリケーション領域の開発プロセスの最適化にもバーチャル・テスト・ドライビングをお役立ていただけます。

最新情報 (Latest Information)

「人とくるまのテクノロジー展2018」出展内容

今年度も、「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展いたします。当社展示ブース内では、CarMaker製品群の新バージョン7.0における新機能をご紹介するとともに、模型を使いVehicle-in-the-loopにおける自動ブレーキと駐車支援のデモを行います。また、ゲストをお迎えし、ドイツの産官学のプレイヤーが名を連ねる「PEGASUSプロジェクト」を取り上げ、自動運転機能における安全性評価法の標準化について、最新動向のプレゼンテーションを行います。

詳細こちら

FIA-F4第3・4戦にて川合選手2戦連続4位入賞

弊社がスポンサー支援しております、川合孝汰選手(ル・ボーセモータースポーツ所属)が参戦するFIA-F4選手権の第3戦・第4戦が、5月3日(木)~4日(金)に富士スピードウェイで開催されました。

初戦の岡山国際サーキットでのレースに続き、予選から調子は好調。今回は、長いストレートが特徴のコースであるため、直線スピードの伸びが上位2台のHONDA勢に比べて今ひとつでしたが、一方、テクニカルエリアでは、持ち前のテクニックを存分に発揮し差を縮める展開でした。第4戦では、一時2位まで順位を上げましたが、タイヤのグリップが落ちたせいか、ブレーキングとコーナリングで徐々に精度を欠く展開となりました。4台による2位争奪戦から、一旦は5位まで順位を下げましたが、FINAL LAPで攻め続けて1台を交わし、第3戦と同じく4位でフィニッシュ。期待されていた表彰台には届きませんでしたが、結果は2戦連続の4位。次回への期待がさらに高まります。第5戦と第6戦は、5月19日(土)~20日(日)に鈴鹿サーキットにて開催されます。

FIA-F4オフィシャルウェブサイト(外部サイト)

FIA-F4オフィシャルYouTubeページ(外部サイト)

ダウンロードサイト (ライセンスをお持ちのお客様向け)

弊社製品のライセンスをお持ちのお客様専用サイトです。最新版ソフトウエアや、日本語のマニュアルをダウンロード頂けます。アクセスするには、ログイン情報が必要となります。

ダウンロードサイト(外部サイト)