TECH TALK:IPG Automotiveの各分野のスペシャリストが、とっておきの話をご紹介します。

機能や車両開発プロセスをスピードアップしたいとお考えですか?それなら、当社の新しい動画シリーズ「TECH TALK」をご覧ください。開発プロセスのスピードアップと効率化のためのソリューションを紹介しています。動画には、製品のデモンストレーションと当社のスペシャリストへのインタビューが含まれています。当社のソフトウェアおよびハードウェアソリューションやテストシステムについての知見や、お客様が現在直面している課題を克服するためのサポートを提供しています。

 YouTube動画は、[設定] > [字幕] > [自動翻訳]から日本語を選択いただければ、日本語でご覧いただけます。

シミュレーションをスケールアップする方法

スペシャリスト対談:Jannik Müller

ここ数年、シミュレーションのスケーラビリティについての話題が盛り上がっています。システムの検証には、何百万キロものテストが必要とされています。これは、バーチャルなテストシナリオの生成とシミュレーションをより短時間で行う必要があることを意味します。そのため、高度に自動化されたプロセス、ハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)、並列化は、車両開発に不可欠なものとなっています。この動画では、当社のスペシャリストが3つの異なるユーザーグループを紹介し、それぞれのアプリケーション領域で現在直面している課題をどのように解決できるかを実演してお見せします。

シナリオを自動生成する方法

スペシャリスト対談:Alexander Frings

シナリオは様々なタイプが存在し、定義をするのは容易ではありません。 ASAM、NCAP等でシナリオを利用した検証は重要視されていますが、レベル5を目指した自動運転機能開発はどのシナリオをテストしたらよいのかを判別するのが難しい点があります。また、エディタを使用した手作業でのシナリオ作成は、膨大な時間がかかり現実的ではありません。
今回紹介する「ScenarioRRR」は、既にお持ちのデータ(センサからの計測データ、交通事故データベース、等)を可能な限り効率的に活用し、オープンフォーマットで簡単にデータ交換が行え、かつ知的財産を保護することが可能という利点を持っています。バーチャルシミュレーション用のシナリオを効率的に自動生成し、適応させる方法をご紹介します。