ケーススタディ

二輪車業界で初の試み –Hardware-In-the-Loopのシミュレーションを用いてブレーキシステムを開発

開発中のテストでは、測定技術の安全性と空間要件に関して、テストドライブに特定の課題をもたらします。二輪車のテストドライバにとって、ビークル・ダイナミクスの制御機能エラーは重大なリスクとなりえます。
Continental Engineering Services GmbH社(CES)は、二輪車用のブレーキ制御ユニットの開発に、自動車分野から得たHardware-In-the-Loopの経験を活用しています。

Biker in MotorcycleMaker

バーチャル車両開発での品質保証をするアプリケーション

特に、ADASや自動運転の機能が普及し、実車両のプロトタイプを使用して関連するすべてのテストケースを実世界でテストドライブすることはほとんど不可能になっています。バーチャルプロトタイプは、車両開発の効率と費用対効果を高め、工数を大幅に削減する可能性をもたらします。今回の事例では、PSA社によるバーチャルプロトタイプ開発のための品質保証のフレームワークに関する成功例をお伝えします。

全文はこちらから

Success Story Group PSA

操縦安定性検証のためのMotorcycleMakerの活用

イタリアのエンジニアリング会社Soluzioni Ingegneriaは、二輪車の走行時に危険な不安定挙動を起こす条件と、それをどのように回避できるかを調査しました。この研究からセミアクティブダンパシステムの制御技術を開発し、MotorcycleMakerを使ったバーチャル・テスト・ドライビングでその有効性が検証されました。

全文はこちらから

先を見据えた電気自動車開発

電気自動車のエネルギー効率化に向けた支援システム

ドイツ政府教育省とカールスルーエ工科大学(KIT)の協同プロジェクトの「電気自動車のエネルギー効率化に向けた支援システム」の一環で、詳細な地図データを前後方向制御や、制御に伴う車両の挙動を検証し、電気自動車のエネルギー効率化を高めることができるかどうかを研究しました。プロジェクトは、ポルシェ社と共同で、電動化されたボクスターを使い遂行されました。

全文はこちらから

特性プロパティを付加させたバーチャル・レーダセンサ

雨、眩しさ、汚れ―ドライバが感じるこのよう環境条件は、センサにも同様に影響を与えている。高度運転支援システム(ADAS)は、ドライバが感じるすべての環境条件感知し、不完全のセンサデータをも感知し、運転を続けていかなければなりません。このような環境条件を再現性良くバーチャル・テスト・ドライビングで検証するために、TU Grazの自動車工学研究所の研究者は、Magna Steyr社のエンジニアリングチームと共同で、センサ特性を現実に近い再現性を備えたコンセプトフェーズでも使用できるレーダセンサモデルを開発しました。このモデルは、CarMakerを利用して包括的に検証され、さらにCarMakerを使ったテストも実施しました。

全文はこちらから

PSA社: PSAでのレベル2から4まで網羅する、ADAS/自動運転機能に向けた新しい検証の可能性

実世界とバーチャル・ドライビングの両方のアプローチから包括的に検証が必要なADASシステムは、今まさに新しい道を切り開いています。自動運転開発に向けてリードするグループPSA社(PSA社)の検証チェーンは、Vehicle-In-the-Loop(VIL)を利用しています。VILの車両がどのように仮想の交通環境に統合し、標準的な試験方法間のギャップを埋めるかを検証しました。

全文はこちらから