HILシステム: コンパクトながら高い性能を発揮

開発プロセスのHardware-in-the-Loop段階で、お客様のお手伝いをします。これはコンポーネントやシステム検証における重要なフェーズであり、当社の優れたHILシステムを使用することでシステム開発の技術面を促進し、成熟度を高めることができます。しかし、非常に多様な要件を満たしつつ、常に問題なく動作できるテスト・システムとは、どのようなシステムなのでしょうか? その答えは、それぞれが個別に設定でき、拡張可能な複数の高性能コンポーネントとリアルタイム機能を備えたハードウェアであるXpack4を搭載したHILシステムです。 


HILシステムとバーチャル・テスト・ドライビング:最強の組み合わせ

HILシステムとバーチャル・テスト・ドライビングを組み合わせることで、考え得るあらゆるシナリオの検証が可能になります。また、MIL/SIL段階で定義したテスト・ケースや評価基準を再利用できます。CarMakerTruckMakerMotorcycleMakerのオープン統合およびテスト・プラットフォームでは、豊富なテスト・オプションを用意しています。システム構成に使用されているものが標準コンポーネントでも、カスタマイズされたハードウェアでも、お客様のニーズに合わせた適切なソリューションをご提供します。

HILシステム: コンパクトながら高い性能を発揮

ベストな検証結果を得られる様々なソリューション

サイズ違い、同じ使い方:当社のHILシステムは、高さちがいの19インチのラックと、ご要望のアプリケーションによって異なるプログラム可能な容量の違う電源ユニットで構成されています。システムのメインとなっているのはXpack4というリアルタイムコンピュータです。マルチコアアプリケーション用の高容量プロセッサとモジュラI/Oを組み合わせて、5つのプラグインドロワーまで一つのユニットで実行することが可能です。オプションのFail Safe Testerは考えうる不具合を自動で入力してくれるユニットです。システムはホストPCかノートパソコンに入っているCarMakerから簡単に実行や制御が可能です。

当社にとって一番重要なことは、当社の製品ファミリをお使いになることで、皆さまが可能な限り最高の開発を成し遂げることです。ですから、当社の製品ファミリをできるだけオープンにするというタスクを持っており、当社のご提供するハードウェアも他のシステムにオープンであるよう設計をしています。また、全てのモジュールはお互いに互換性があり、他のmodulesと入れ替えてお使いになることも可能となっています。もし、他のハードウェアと組み合わせてテストシステムを構築したい場合でも、CarMaker/HILは全く問題がありません。当社のHILソリューションさえあれば、ハードウェアやvehicle-in-the-loopの全フェーズにおけるアプリケーションが理想的に備わっているということです。