更によりリアルに、より詳細に、より自動に!

CarMaker10リリース

更によりリアルに、より詳細に、より自動に - CarMaker 10

開発中の車両を開発の初期段階からテストしていただけます! CarMaker製品ファミリーの当社のソフトウェアソリューションは、車両コンポーネントを車両全体に早期に統合するのに役立ちます。バーチャルプロトタイプは、自動車、小型車、トラック、二輪車のコンポーネントのアジャイル開発を可能にし、その後、現実的なシナリオでのバーチャル・テスト・ドライビングを可能にします。

バージョン10では、革新的なアプリケーションとなる新機能が多数追加されました。これらの新機能により、車両開発を大きく前進していただくことができます。

新しい可視化ツール、MovieNXがCarMakerのデフォルトツールとして組み込まれました

  • 霧、空の低い位置にある太陽、反射などの特別な天候や光の状態、および暗闇の人工光のフォトリアリスティックな3Dの可視化を、リアルタイムおよびHDRでシミュレーションできます
  • 環境やカメラのパラメータは簡単に設定出来ます
  • カメラベースのADASとADを新しいレベルでテストしていただけます
  • AIベースのアルゴリズムをトレーニングおよび検証できます
  • 既存のTestRunと非常に複雑な新しいシナリオをScenario Editorで直接編集し、すぐに可視化できます
  • 対応するカメラシステム全体を統合するためのオープンでシームレスなシミュレーションソリューションです

新しい、改良された、よりリアルなセンサモデル

  • Lidar RSIの反射モデルを改良しました
  • Ultrasonic RSIの散乱モデルを見直し、音波のより現実的なシミュレーションが可能になり、複雑な形状での散乱をより正確にシミュレーションできるようになりました
  • GPU Sensorダイアログでセンサーシステムに関連する計算処理に使用するGPUデバイスをより細かく制御できるようになりました

 

自動生成が可能な詳細なシナリオ構築

  • 複雑な中央分離帯や歩行者道路を含む、Road5の道路モデルの拡張
  • 改良されたJunctionモデルにより、現実世界の非常に複雑なJunctionを簡単にモデリングでき、複雑な都市部のシナリオをモデリングする際のリアリティが向上
  • 高速道路や多車線道路での追い越し操作の自動化により、交通流のモデリングの手間を軽減
  • ASAM規格OpenSCENARIOとの互換性向上を目的としたIPGDriverの機能拡張と新規マヌーバオプションの追加

まとめ

  • MIL、SILからHIL、VILまで、開発プロセス全体でシームレスに使用でき、開発全体でシナリオやテストケースを再利用できるため、効率が向上します
  • バーチャルプロトタイプを早期に構築し、車両コンセプトの検証からリリース、型式認証に至るまで、領域を超えて適用することで、コストと時間を同時に削減し、高いシステム成熟度を実現します
  • パラメータ設定が容易で、検証済みの強力なモデルを使用して、詳細かつ現実的なテストシナリオを短時間で生成可能することが可能です
  • マヌーバやイベントベースのテスト手法による最大限の柔軟性を持ちます
  • 様々な規格やインターフェースに対応しているため、既存の開発環境にスムーズに統合が可能です
  • CI/CD/CTに最適なハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)クラスター上で広範なテストカタログを並列実行することにより、テストサイクルを短縮できます

 

今年のOpen Houseでは、上記新機能のすべてを紹介します。 2021年4月28日(水)[CEST中央ヨーロッパ時間]より、 20本以上の動画にアクセスすることができます。CarMaker V10.0の詳細や、バーチャル・テスト・ドライビングの現在のトレンドに関する魅力的な知見を提供します。無料で、オンデマンドで、どこからでもご覧いただけます。

詳細はこちらからご確認下さい。