Xpack4のコンポーネント:カスタマイズしたシステムを統合

ここでは、Xpack4システムを構築するために必要なすべてのコンポーネントの概要をご説明します。あらゆるクラスのコンポーネントにさまざまなバリエーションをご用意しているため、お客様の要件にできるだけ合ったものを選択できます。


M-Module

Xpack4に搭載するI/Oカードの多くは,自動車、航空、鉄道、産業用オートメーション分野で幅広く利用されているM-Moduleを使用します。M-Moduleはキャリア・ボードに搭載され、専用バスを介して通信を行います。完全にモジュール化できる点はM-Moduleの主な優位性の一つです。そのため、Xpack4システムに必要なモジュールを追加し、本当に必要な機能だけを備えることができます。

M-Moduleでは幅広いオプションをご用意しています。たとえば、アナログまたはデジタルのI/O信号の処理、CAN FDのようなシリアル通信、アクティブ型車輪速センサなどの用途に応じて、M-Moduleを選択していただけます。また、お客様の個々のニーズに合わせて既存製品ポートフォリオを拡張するFPGA開発サービスも提供しています。

通信インターフェイス

当社は車載用通信インターフェイス、CAN(FD)、LIN、FlexRay、EtherCAT、SPI、PSI5、車載Ethernetを提供しております。

CPU ボード

Xpack4システムのパフォーマンスはCPUボードによって決まります。M-Moduleと同様に、用途に応じてさまざまなパフォーマンス・レベルのハードウェアからお選びいただけます。 当社のCPUボードは、CarMaker/RealtimeMakerの全ルーチンに対応しています。システム要件に変更が生じた場合は、プラグ&プレイでCPUボードを交換し、高性能モデルにすることができます。Xpack4システムの他のハードウェア・コンポーネントには影響しないため、これまでどおり使用できます。

キャリア・ボード

M-Moduleはバスに依存せず、CompactPCI(Xpack4)、PXI(NI)、VMEバス・システムなどのさまざまなハードウェア・システムで使用できます。これらのいずれかのシステムでM-Moduleを使用するには、最大4つのM-Moduleを接続できるキャリア・ボードが必要です。
当社では、あらゆるタイプの筐体と用途に応じたキャリア・ボードを取り揃えています。ボード背面でハーネスを接続したい場合は、特別なキャリア・ボードが必要になります。

Xpack4 筐体

用途に合ったハードウェアを組み立てた後は、そのハードウェアに適した筐体をご選択いただけます。お客様のニーズに最適な形態をお選びください。固定、車載式、ラック設置、ラボでの机上といった多様な用途に合わせて各種サイズをご用意しています。事実上、M-Moduleはいくつでも導入できます。
当社の筐体は低騒音のファンを装備しており、オフィスに置いても快適に使用できます。

Video Interface Box X

モニタでの画像生成とカメラでの画像撮影の間で同期をとり、画像が乱れずに表示する、カメラベースのシステムを検証するものです。

Xpack4 コンポーネンツの概要

詳細は、下記をクリックしてPDFファイルをご参照ください(英語)。

M-Modules

General purpose I/O

M27: 16 binary outputs, low side switch

M28: 16 binary outputs, high side switch

M31: 16 binary inputs, load on ground

M32: 16 binary inputs, load on supply voltage

M35N00: 16 analog inputs, 14 bits, single-ended

M35N02: 8 analog inputs, 14 bits, differential

M36N00: 16 analog inputs, 16 bits, single-ended

M36N01: 8 analog inputs, 16 bits, differential

 

M62N: 16 analog outputs

M66: 32 binary in/outputs

M81: 16 binary outputs

M405: LIN

M408: Universal digital and PWM input

M409: Power supply control

M410: CAN/CANFD

M413: (De)Multiplexer/Switcher

M441: Universal digital and PWM output

 

M-Modules for special applications

M400Active wheelspeed generator

M401-01Frequency generator and meter

M402Engine signal generator

M403Engine signal meter

M404Waveform generator

M406PSI5 interface

M407SPI interface

M409Power supply control

M411: High Speed Power Monitor and Data-Logger

M412: Park sensor simulation

M414: SENT Module with SPC Support

M440Programmable resistor

 

CPU キャリア・ボード

CPU-Boards

F23P00: Dual-Core Celeron Single Board Computer for 19" and RoadBox

F23P01: Quad-Core i7 Single Board Computer for 19" and RoadBox

Carrier Boards

F1001: cPCI Carrier Board for 1 M-Module (for e.g. NI Systems)

D1000: cPCI Carrier Board for 4 M-Modules (for 19" Subrack)

F205: Carrier Board (for e.g. RoadBox)

F213: PMC Carrier Board (for e.g. FlexCard for 19" Subrack and RoadBox)

 

Xpack4 筐体

Xpack4 housing

Subrack 5: 19" subrack, 5 slots for 6U cPCI boards, height 3U

Subrack 8: 19" subrack, 8 slots for 6U cPCI boards, height 4U

Subrack 14: 19" subrack, 14 slots for 6U cPCI boards, height 8U

RoadBox: Compact chassis, 7 slots for 3U cPCI boards, height 4U

 

通信インターフェース

FlexRay

FlexCard PMC II

Caromee FlexRay-Monitoring

 

EtherCAT®

Video Interface Box

M-Modules

M405: LIN

M406PSI5 interface

M407SPI interface

M410: CAN/CANFD