Open House 2021:Expert Insight(スペシャリストの洞察)ハイライト

CarMaker version 10.0には、多くの新しい機能が追加されています。MovieNXでは驚くほど詳細な可視化をご覧いただけます。使いやすくなった新しいJunctionモデルについて確認し、センサモデルの段階分けについて知識を増やし、クラウドやDockerを使用したCarMakerの実行方法を紹介する動画をお楽しみいただけます。

当社のスペシャリスト達が色々な業務でのCarMakerの活用方法をお見せします。ScenarioRRRを使用して、ADAS / AV機能開発用に無数のシナリオのバリエーションを自動作成する方法をご覧ください。拡張センサGUIを使用すると、センサシステムに関連する計算プロセスを1つのシステム上の複数のグラフィックカード(MultiGPU)だけでなく、異なるシステム上の複数のグラフィックカード(GPUクラスター)にも簡単に分散できます。

IPG Automotiveの製品は、ハードウェアとソフトウェアが密接に関連しています。今回は、CarMakerNVIDIA AGXシステムを使用した新しいセットアップについても紹介します。このセットアップにより、閉ループシミュレーションでさまざまなセンサモデルを試験していただけます。
また、機能を拡張したIO Configuratorで、更に容易になったデータの送信もご覧いただけます。

Vehicle-in-the-Loopの活用で、現実世界と仮想世界を1つに統合していただけます。今年のOpen Houseでは残念ながらライブデモを見ていただく事ができないため、この方法の新しい使い方を動画で紹介します。


Steering-in-the-Loopのテストベンチについてはご存知ですか?進化とその素晴らしいパフォーマンスを体験し、自動運転と自律運転の開発で利用可能なアプリケーションについて理解していただくことができます。

 




MovieNX - リアルな挙動。強力なグラフィックス。

MovieNXのシーンを編集する

  • CarMakerでの全く新しい体験
  • 環境設定とカメラパラメータ
  • シナリオの編集をライブデモ
  • IPGMovieとMovieNXシーンの互換性

 

MovieNXを利用するために、シーンを美化する

    • UnigineEditorを使用したScenario Editorからのシーンの後処理
    • MovieNXへのシーンの統合:高速道路のシーンと都市のシーン
    • パートナーであるUNIGINE社へのインタビュー

    MovieNXの知見:Denis Shergin氏へのインタビュー
    UNIGINE社CEO兼創業者

    • パートナー企業、UNIGINE社の紹介
    • UNIGINE社の3D可視化の実績
    • UNIGINE社のレンダリングエンジンを使うメリット
    • 今後のUNIGINEエンジンの機能

    AV開発のためのソフトウェアとハードウェア

    自動運転車両のフルスタックテストにCarMakerを使用する

    • AVソフトウェアのフルスタックテストとはどういう意味なのか?
    • AVソフトウェアスタックをシミュレーションプラットフォームCarMakerに統合するために必要な手順
    • CarMakerを使用したBaidu Apolloスタックの閉ループシミュレーションのデモ

      レーダセンサの閉ループを検証

      • 車両転機能を開発するための重要なコンポーネントとしてのレーダセンサ
      • レーダアプリケーション用のCarMakerのグランドトゥルースデータとGPUベースのレイトレーシング
      • レーダターゲットシミュレータ、レーダの閉ループ検証を可能にするテクノロジ
      • 既存および将来のテクノロジに関する知見

      物理センサをモデル化するとはどういう意味なのか?

        • センサモデルの段階分けについて説明
        • ADASおよびAV運転機能を試験する際のこれらの異なるセンサモデルクラスの適用
        • Raw Signal Interfaces (RSI)でのLIDARおよび超音波シミュレーションの目新しさ

         

        CarMaker10の機能の中で、都心部の道路形状のモデリングに役立つものは?

        • 新しいオブジェクトタイプ "raised profile "により、中央分離帯や歩行者道路の定義が容易になりました。
        • 3つの新しいJunctionタイプ
          • 改良された今までのJunctionでは境界部の形状を個別に調節することができます。
          • Virtual JunctionはStraightで定義した道路をSectionで区切ることなく、簡単に分岐を作成することができます。
          • Direct Junctionは特に高速道路の出口や入口のランプの作成をサポートします。

         

        CarMakerをADAS / AV試験のセットアップに統合

        • NVIDIADrive AGX開発ボードを使用してADAS / AV機能のECUを置き換え、完全な閉ループ統合プラットフォームを作成
        • Video Interface Box Xを使用したカメラベースのAEBのデモ
        • IPG Automotiveが構築したVelodyne Interfaceを介してLidarRSIからLIDARデータを送信し、AGXボード上の転送/インターフェイスを検証
        • マルチセンサースタックのアプリケーションにRSIセンサコンピューターを使用する高度なADAS / AVプラットフォーム
        • Drive AGX XavierのためのDrivePX2の開発– NVIDIAのAVソフトウェアスタックにより、自動運転機能が構築可能

         

        膨大な量のシナリオの入力データをどのように扱い、バリエーションを持たせていくか?

        • 自由に利用できるデータセットからのアノテーション付きセンサーデータのインポート
        • ScenarioRRRによるシナリオの自動生成
        • データの分析と分類
        • マニューバ抽出によるロジカルシナリオのバリエーション
        • 道路のバリエーション

          バーチャル・テスト・ドライビングのためのソリューションとアプリケーション

          近い将来、車両全体の試験はどのように進化するのか?

            • 車両全体の試験を道路からテストベンチで
            • GPSから交通標識認識センサまで、仮想環境を実際の車両のセンサに受け渡し
            • 実際の試験を補完する、制御可能で定義された試験環境
            • 電動車の開発環境

             

            バーチャル・テスト・ドライブに最適なシステム統合を実現する

              • パークアシストの例を使用したUltrasonic Sensor Boxのデモンストレーション
              • 道路からカメラベースのAEBデモをライブ
              • 開発工程全体でのVILの使いやすさを紹介

               

              継続的なステアリング統合を実現

                • すべての一般的なステアリングシステムがテストベンチ上で簡単に使用可能
                • 開発工程への理想的な統合のためのCarMaker
                • 動作中のテストベンチ–ISOレーン変更
                • 機能:Driver-in-the-Loop、ハンズオフクラッチ

                 

                クロスドメイン機能開発をする際の共通となるベース

                  • 日常の現実世界のシナリオにおけるビークル・ダイナミクスの重要性
                  • 相互接続しているシステムとしての車両全体
                  • ADAS / AVおよびパワートレインアプリケーション向けのビークル・ダイナミクスを超えたシャーシ開発

                   

                  ADAS開発ツールチェーンが並列化アプローチになることによる嬉しさ

                    • CarMakerにおける垂直および水平並列化についての議論
                    • センサ構成用の新しいユーザインターフェイスの最初のステップ
                    • リアルタイムデータストリーム用に複雑な物理センサモデルのセットアップを複数のデバイスに分散する方法
                    • クラウド上でDockerを使用した広範なセンサデータの生成

                     

                    Xpack4ハードウェアIOを簡単に設定する

                      • GUIの紹介– IO Configurator
                      • 数回クリックするだけでハードウェアを簡単に操作
                      • ハードウェア構成の迅速な変更が可能

                       

                      IPG Automotiveのハードウェア製品分野におけるポートフォリオの多様性は?

                      • ハードウェアおよびソフトウェアソリューションの開発と新機能
                      • センサインターフェースプラットフォームの開発
                      • RSIセンサPC
                      • Brake-in-the-Loop テストベンチ
                      • V2X: CarMakerとNordSys社のソフトウェア/ハードウェアソリューションとの連携

                        バーチャル・ビークル開発の次のS字カーブ

                        バーチャルプロトタイプの管理システムは、仮想車両開発をいかに広げるか

                          • デジタル化に向けた戦略的エンジニアリング
                          • ライフサイクルを通してバーチャルプロトタイプを効率的に構築および管理するためのソリューション
                          • 仮想車両開発の工程と方法
                          • 仮想プロトタイプと非形状データに直感的にアクセスするためのツール

                           

                          継続的な統合と試験を実現する

                          • OTAでソフトウェアアップデートをすることによる自動車業界の開発工程への影響
                          • CarMakerが開発工程の変革をどのようにサポートするか
                          • 継続的な統合および試験の工程におけるCarMakerの適用事例

                          車両の進化する機能は、シミュレーションにどのように影響するか?

                            • 車両のITの進化に関するカールスルーエ工科大学(KIT)Sax教授の知見
                            • 車両開発の課題に直面しているAI主導のシミュレーションアプローチ
                            • 研究プロジェクトがさらなるイノベーションの基盤をどのように築くか
                            • IPG Automotive UKの研究プロジェクトへの取り組み紹介