開発のあらゆる課題に対応

革新的、効率的、持続可能なソリューション

IPG Automotiveは、自動車業界のさまざまな課題を熟知しています。現在、物理プロトタイプを利用できるのは開発期間の半分未満にすぎず、プロセスの初期段階で新しいシステムを実車両でテストできるエンジニアはごくわずかです。バーチャル・テスト・ドライビングのソリューションを提供する第一人者として、この状況を変えることが私たちの目標です。

私たちは車両開発全体に対応する革新的なシミュレーション・システムを活用し、モデルから、Software-In-the-Loop、Hardware-In-the-Loop、Vehicle-In-the-Loop手法まで、開発およびリリースプロセスのあらゆる段階で仮想プロトタイプを使用してテストを実行できます。このようにすることで、自動車システム・エンジニアリングのアプローチに沿って、すべてのエンジニアが仮想車両全体で新しいシステムの開発、適用、テスト、リリースを行うことができます。

さらに、CarMaker製品ファミリでは、オープン統合およびテスト・プラットフォームを提供しているため、カスタマイズしたシミュレーション・ソリューションをお客様に提供できます。テスト対象の個々のシステムやコンポーネントを統合できるほか、シミュレーション・ソリューションを現在使用中のツールに組み込んだり、さまざまなハードウェア・プラットフォームで使用したりすることができます。

IPG Automotiveの特長と理念

私たちは、頼りになるパートナーとして、前向きにお客様と長期的な関係を築いていきたいと考えています。そのような関係構築を目指して日々の活動を行っており、お客様のニーズを非常に重視しています。

車両開発の複雑化とともに、お客様の要件に合わせたシミュレーション・ソリューションのニーズはさらに高まっています。また、グローバル化が進み、需要も増加しました。これは私たちの成長も意味します。グローバル企業として世界各地のエンジニアに開発サービスを提供するために、カールスルーエ本社に加えて世界各地に支店を設立しています。

私たちはテクノロジー・リーダーとして、成功のカギを握っているのが従業員であることを知っています。開発パートナーとして信頼される現在の地位に就けたのは、従業員の努力があってこそのことです。長期的かつ国際的な協力は当社では日常のことです。

日本におけるIPG Automotive

初の海外拠点、日本

会社概要

会社名   IPG Automotive株式会社 (IPG Automotive K.K.)

設  立    2014年(平成26年) 6月9日

資本金   600万円

株  主    IPG Automotive GmbH

代 表     代表取締役社長 清水 圭介 (SHIMIZU, Keisuke)

所在地   〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目9-1 PMO西新橋9F

Phone   (+81) 03-5826-4301(代表)

Fax       (+81) 03-5826-4302

ISOへの取り組み

当社はコーポレート・バリューの一つに「Quality(品質)」を掲げております。日本法人では2018年11月26日に品質保証の国際規格「ISO9001:2015」の認証を取得し、2020年に実施された更新審査にも合格しております。また、2019年10月11日には、情報セキュリティ・マネジメント・システム「ISO/IEC 27001:2013」の認証を取得しました。当社では、全ての社員が倫理観をもって業務に携わることで、当社の使用する情報資産を社内外の脅威から保護し、お客様からの信頼に応えていける様、引き続き努めてまいります。

情報セキュリティ基本方針

ISO 9001:2015登録証

ISO/IEC 27001:2013登録証

 

新・代表取締役 就任のお知らせ

2021年1月より、清水 圭介 が当社の代表取締役社長に就任しました。

清水のプロフィールと抱負を、ご紹介します。

これまで、アメリカ系計測器メーカ、ドイツ系MBDツールベンダ、国内エンジニアリング会社のMBD事業部に在籍。20年以上に渡り、計測・制御・シミュレーションの業界において、ビジネスディベロップメントや事業運営に携わってまいりました。

その経験を活かし、今後はIPG Automotiveにおいて、お客様のバーチャル・テスト・ドライビングを加速させていきたいと考えております。