Advanced Driver
Assistance Systems

すべての道路利用者のための快適さと安全性の向上

バーチャル・テスト・ドライビングでADAS機能をテスト

クルーズコントロール、パークアシスト機能、高速道路でハンズオフ運転など、先進運転支援システム(ADAS)がない車は、もはや想像もできません。これらは自動モードで車両の加速、ブレーキ、ステアリングに影響を与えることができます。視覚的、聴覚的または触覚的な警告を与えることで、危険な状況になる前と最中にドライバーをサポートし、危険な状況から回避し、乗員の安全性を向上させ、快適性を高めます。

今後も、自動運転の実現に向けた次のレベルの土台を構築するためのADASの要件は増え続けます。また、機能安全の規格である、ISO-26262に準拠した開発をするだけでなく、お客さまから受け入れてもらえるような機能を開発することが鍵となります。コストと時間を効率よくシステムを開発・検証するためには、シミュレーションとそれによるフロントローディングは重要な役割を果たします。

« Safe. Intelligent. Automated.
                            The automotive future »

バーチャル・テスト・ドライビングがもたらす次の利点により、実際のプロトタイプの完成に先立って先進運転支援システムの開発およびテストを管理することが可能です

  • CarMakerTruckMakerMotorcycleMakerを使用して、再現可能な自動テストを実施 - HPCやクラウドを活用してオフィスで作業
  • 優れた環境のシミュレーション、理想センサと物理センサのモデル、および自由度の高いセンサデータフュージョンを使用
  • 運転支援機能をSoftware-in-the-Loop段階でリアルタイムより高速にテストし、Test Managerで自動検証が可能なマヌーバカタログやレポートを自動生成
  • Euro NCAPの評価結果をバーチャルに事前分析するなど、あらかじめ用意されているシナリオのカタログを活用

 




  • 複雑なシナリオを簡単に早くバーチャルで検証-あらゆるテストシナリオにおいて、インフラ、追加の道路利用者、路面の状況、等の様々な条件を、マウスを数回クリックするだけで追加・変更し、その結果をリアルタイムで可視化ツール、IPGMovieに表示
  • マウスを数回クリックするだけで地図データから詳細な道路網をインポート
  • 実際のテストドライブをベースにしたシナリオを、バーチャルな環境に高い精度で自動変換
  • Vehicle-in-the-Loopでは、実車と仮想世界を統合し、運転支援機能をテスト・体験することが可能

 

全てのセンサテクノロジーを合わせることで、より検証がしやすく

ADASの開発プロセスでは、センサの必要な機能を考えられるすべてのシナリオでテストする必要があるため、大規模な検証作業が必要です。したがって、バーチャル・テストを使用した検証は、これまで以上に大きな役割を果たします。バーチャル・テスト・ドライビングにより、さまざまなシステムやコンポーネントを早期に車両全体でテストおよび最適化することができます。

CarMaker製品ファミリを利用することで、1つのシミュレーションソリューションで現存するADAS用センサの全てを網羅したシミュレーションを実行して頂けるようになりました。レーダ、カメラ、超音波およびLIDARのいずれのセンサに対しても、リアルタイム演算が可能なバーチャルモデル作成と多数のパラメータを使用した個々の調整が可能になりました。

このようにして、テストが物標検出に焦点を当てているか、検出から下した判断に焦点を当てているかにかかわらず、開発段階でADAS機能のエラーの原因を特定し、排除することができます。

まとめ:

CarMaker製品ファミリと現存するすべてのセンサ技術のモデルを使用したバーチャル・テストの利点:

  • 異なるセンサ同士が相互作用をするADAS機能のリアルタイムなテスト
  • センサモデルを個別に調整可能
  • ADAS機能の検証
  • ADASを開発するうえで起こるエラー原因の早期発見

LIDAR および CarMaker 製品ファミリの詳細については、こちらをご覧ください。

運転支援機能の開発を当社のソリューションがお手伝いします

アプリケーションについての詳細な情報はこちらから:

V2X

アクティブ・セーフティ&Euro NCAP

コンフォートシステム