VILシステム: 現実世界の試験走行とバーチャル・テスト・ドライビングを簡単につなぐ

Vehicle-in-the-Loopテクノロジーは、HILテストと現実世界の試験走行の間の隙間を埋めます。このテクノロジーでは、ディスプレイを通じてテスト・シナリオをドライバーに転送しながら、テスト・ドライバーが何もないところで実際に運転操作(マヌーバ)を行います。仮想環境に物理コンポーネントを組み込むことで、現実的なテストを実行できます。また、必要に応じてテスト・シナリオの再現や自動化が可能です。

特に運転支援の領域では、Vehicle-in-the-Loopによって多くの道路利用者がいる詳細環境でのテストが容易になり、システムの成熟度を早期に高めることができます。さらに、車両完成前にVehicle-in-the-Loopを使用してユーロNCAPテストを行えば、車両の評価が早くわかります。

VILシステムの利点

  • CarMakerのオープン統合およびテストプラットフォームには、道路利用者を含む完全な環境が含まれており、物理車両を使って開発中のシステムの評価を簡単に行うことができます。
  • 開発プロセス中に人間や物を危険にさらすリスクがありません。
  • 現実世界での(テスト対象などの)セットアップが不要であるため、時間とコストを大幅に削減できます。
  • 技術的な機能とその影響をすぐにテストできます(システム全体を見ながら不具合を修正)。
  • 初期段階で個々のコンポーネントをテストするため、システムの完成度が高まります。

Vehicle-in-the-Loopテクノロジー

現実世界の車両を仮想世界につなぐことで、各種コンポーネントをテストするための高性能な環境ができあがります。Vehicle-in-the-Loopテクノロジーにより、特に開発の後半で、物理コンポーネントをシステム・ネットワーク全体に統合した状態でテストできます。バーチャル・テスト・ドライビングでは、システムおよびその機能を車両全体との関連において徹底的にテストするために必要なすべてが揃います。Vehicle-in-the-Loopテストによって開発プロセスをどのように最適化するかをご自身の目でお確かめください。

システムの概要

Vehicle-in-the-Loopテスト車両の利点

アプリケーション領域

機能の検証のため、Vehicle-in-the-Loopによって開発プロセスのもう一つの重要な段階も支援します。VILによってシステムの完成度を高めることができれば、量産まであと一歩です。

  • 製品の承認を得るために、先進運転支援システムの関連テストを実施
  • さまざまなシナリオで現実的な境界条件を使用して、初期段階で確実に機能をテスト
  • 有意義なユーロNCAPテストを実施するために、高いコストをかけて物理的なセットアップを行う代わりに、仮想の歩行者の動きのパターンを使用

テスト参加者を実車に乗せ、ヒューマン・マシン・インターフェイスを研究しましょう。また、Vehicle-in-the-Loopテクノロジーを活用して、先進運転支援システム領域の開発プロセスを促進しましょう。当社の経験豊富なエンジニアが幅広いカスタマー・サービスおよびエンジニアリング・サービスを提供し、テクノロジーの適用を支援します。

VILアプリケーション:緊急ブレーキアシストシステムの試験

Vehicle-in-the-Loopを体験:ソリューションの例

当社(ドイツ本社)ではデモンストレーションのため、超音波による駐車支援システムの各種アプリケーションの一つとして、このテクノロジーを体験できるシステムをご用意しています。対応する制御装置を搭載したテスト車両のトランク内に、システムを収めています。このシステムを構成する主要コンポーネントの一つがRoadBoxです。これはコンパクトな Xpack4リアルタイム・システムであり、この中でシミュレーション・カーネルと車両がお互いに並行して実行されます。ここから専用センサー・ボックスを介して車両の超音波センサーに刺激が伝えられます。テスト・ドライバーは車内からCarMakerをインストールした別のホストPCを使用して、システムを簡単に操作できます。研究所で他のテストを行う場合も問題はありません。車両から装置を取り外せば、そのままHIL環境を使った作業を続行できます

当社のシステムを直接体験したくなりましたか? 現実世界と仮想世界がどのように融合するかを見てみたいですか? Vehicle-in- the-Loopの手法をぜひご自身でお確かめください。デモ体験については、コンタクトフォームからお問合せください。お問合せ内容には、「VIL体験について」と明記してください。

VILの技術的利点:

  • 現実世界のビークル・ダイナミクスの影響を考慮しながら、機能を直接体験することが可能
  • センサー・インターフェイスを物理的に再現(例:駐車支援システムのテストで、エミュレートした信号で制御装置を刺激)
  • RestBusシミュレーションが不要


VILでテスト可能なシステム:

  • カメラベースのシステム(例:車線検知、車線逸脱警報システム、交通標識認識など)
  • 超音波ベースのシステム(例:駐車支援機能)
  • レーダー・ベースのシステム(例:適応走行制御)
  • LIDARベースのシステム(例:シティ・ブレーキ・アシスト)
  • マルチセンサー・ベースのシステム(例:緊急ブレーキまたはブラインドアシスト・システム)

詳細は下記資料をご参照ください。

ATZ_7-8_2017_BMW_Safety_functions_VIL_testing_EN
0.46 MB / PDF / 2017 / Springer Professional / ATZ / English
ATZ 09/2014: Consistent Test Method for Assistance Systems
0.86 MB / PDF / 2014 / (c) ATZ / English
Research project ReTivU with vehicle-in-the-loop at FZI (Apply & Innovate 2014)
4.85 MB / PDF / 2014 / FZI, Dr. Thomas Schamm  / English

メディア・ライブラリで、
各種資料をご覧いただけます。