テストシステム


お客様の要件に合わせた最適なシステム

ターンキーからカスタマイズまで – 完璧なソリューションをご提供します

Hardware-in-the-Loopテストは、量産車の製造における重要なマイルストーンです。個々の車両コンポーネントの開発を終えてテストの準備ができても、さまざまなテストを行うのに十分な台数の完成車プロトタイプが出来あがっていないという状況は少なくありません。そのようなときこそ、物理サブシステムでのHILテストが役立ちます。初期段階で機能をさらに最適化し、潜在的なエラーを修正できます。バーチャル・テスト・ドライビングと組み合わせれば、考え得るあらゆるシナリオを早期にテストできます。アプリケーションの範囲は、典型的なビークル・ダイナミクス・テスト・システムからADASシステム、パワートレイン領域のテスト・ベンチなどさまざまです。

どのようなシステムのテストにもそれぞれの課題があり、その解決策を提供するのが当社の役割です。当社のHILシステムにはいくつかの特徴があります。まず、当社は個々のお客様の要件に合わせたターンキー・ソリューションを提供します。当社独自のソフトウェア、ハードウェア、エンジニアリング・サービス、カスタマー・サービスのパッケージにより、システムのあらゆる側面を支援します。長年の経験、豊富な技術知識、テスト・システムの最先端テクノロジーを活かし、HIL段階でのテストを確実に成功に導きます。

IPG Automotiveのシステムの優れた特長:

当社が優れたシステム・パフォーマンスを実現している理由はいくつかあります。他社の追従を許さないシステムであることをお客様に納得していただけるよう、IPG Automotiveのテスト・システムを選択すべき6つの理由について説明します。最適なテスト・システムと、当社が持つ深い専門知識を組み合わせ、お客様を成功に導きます。

シングル・ソースのコンポーネントで構成されたターンキー・ソリューション

お客様に最適なテスト・システムは、サブシステムと同様にそれぞれが異なるものです。そのため、私たちは実証済みの高パフォーマンスのハードウェア・モジュールと、エンジニアリングに関する豊富な知識を活かし、お客様の要件に合わせてシステムを構築します。CarMakerのオープン統合およびテストプラットフォームと組み合わせることで、お客様が求めている理想的なテスト・システムを実現できます。システムの運用開始後、引き続き任意でサポートをご利用いただけます。

各種サービスはオプションですが、幅広いアプリケーション領域で長年の実績がある当社は多くのお客様の信頼を得ています。テスト・システムのパラメータ化や継続的な作業など、通常はお客様に行っていただく活動を当社が代行することも可能です。

システムの柔軟性

私たちはお客様に最適なソリューションをお届けするために、柔軟で導入が容易なシステムを構築することを重視しています。当社のシステムは拡張可能なモジュール式であるため、お客様の要件に応じて標準のソリューションと個々のソリューションの両方を提供できます。当社のソリューションは、Xpack4システムFail Safe Tester、 高品質なアクチュエータ・テクノロジー、CarMaker/HILシミュレーション環境といった幅広い製品に基づいています。また、テスト・ベンチやシステム・エンジニアリングの専門家とも協力しており、お客様に最高水準の専門知識を提供できます。

高性能でリアルタイム対応のハードウェア・モジュール

当社のテスト・システムは、多くの試験を経た高性能の産業用コンポーネントで構築されています。ハードウェア・エンジニアが標準コンポーネントを最適化し、テスト・システムの性能とリアルタイム機能をさらに強化しました。さらに当社独自のモジュールも開発し、テスト・システム・ソリューションを詳細にカスタマイズしてお客様固有の要件に対応できるようにしました。

高性能のFail Safe Testerのコンセプト

Fail Safe Tester は、当社がコンセプトとしている高性能コンポーネントの一つです。ケーブル断線や接触不良、(腐食などによる)不通、短絡(接地または二相間)、抵抗(漏れ電流)などのあらゆる電気故障をシミュレーションできます。障害はイベントですばやく簡単に発生でき、再現可能です。CarMakerを使用すれば、障害や障害シーケンスを自動的にアクティブ化し、完全なテスト設定を再利用できます。

閉ループ機能とCarMakerの組み合わせ

Xpack4テクノロジーとCarMakerのシミュレーション環境を組み合わせると、さらに大きな利点が得られます。これらのソリューションは完全に連携しているため、当社が最適なサポートを提供できます。HILシステムでCarMakerの機能をフル活用すれば、開発プロセス全体でバーチャル・テスト・ドライビングを実行できます。

HIL段階でこれらを組み合わせることには、明らかな利点があります。CarMakerではリアルタイム機能を念頭に置いてすべてのモデルおよびモデル・ライブラリの開発および最適化を行っているため、CarMakerを使用してHILシステムの閉ループ・テストを行うことができます。

ソフトウェア・モジュールおよびハードウェア・コンポーネントの交換が容易

CarMakerが持つModel Managerは便利な高性能ツールです。さまざまなモデルの切り替えやパラメータの修正を簡単に行うことができ、新しい構成を作成してハードウェアに読み込み直す必要がありません。変更後、すぐに作業を再開できます。システムを稼働したままソフトウェア・モデルやハードウェア・コンポーネントを交換できるため、Test Managerでいろいろなハードウェア構成を選択できます。

テストシステムに関する製品

お客様に最適なテスト・システムを見つけましょう:

テスト・ベンチ

HILシステム

VILシステム

詳細は下記資料をご参照ください。

Virtual prototypes: CarMaker on NI at PSA (Apply & Innovate 2016)
0.71 MB / PDF / 2016 / PSA Peugeot Citroën, Antoine Saulgrain/ English
Pre-crash systems: CarMaker at Continental (Apply & Innovate 2012)
1.78 MB / PDF / 2012 / Contintental, Rudolf Ertlmeier/ English

メディア・ライブラリで、
各種資料をご覧いただけます。