コンサルティング:アドバイスから効率化、開発プロセスの最適化まで

自動運転という巨大潮流が生まれ、システムのネットワーク化が進む中、車両開発プロセスも新たな課題に取り組むために形を変えつつあります。このような中、いかに車両開発を持続可能な方法で行うかが問題となってきています。当社は、シミュレーションとモデルベースの開発を強化することに新たな課題に対する解決策がある、と確信しています。自動車産業におけるシステム・エンジニアリングアプローチでは、車両全体との関連においてシステム・テストを実施する必要がありますが、シミュレーション・ソリューションを活用すれば、これが初期段階で可能になります。このフロント・ローディング(前倒し)方式が開発プロセスを加速するとともに、バーチャル・ソリューションを使用することでメーカーとサプライヤの間の協業を容易にします。 

当社は開発パートナーとして、お客様の活動を深く理解しています。シミュレーション・プロジェクトを実装してきた長年の実績もあり、シミュレーション分野のエキスパートとして、シミュレーションが開発手法にどのように影響するか、開発をアジャイル(俊敏)にするにはどうすべきかを知っています。バーチャル・テスト・ドライビングは開発の効率を向上させます。物理的プロトタイプを仮想プロトタイプに置き換えることで、開発プロセスのコスト削減と時間短縮を実現できます。
当社はバーチャル・テスト・ドライビングのスペシャリストとして、シミュレーションを活用し、お客様の開発プロセスを最適化するにはどうすれば良いか、お客様に合わせてアドバイスいたします。 バーチャル・テスト・ドライビングによって、お客様に最大のアウトプットを手に入れていただくことが当社の目標です。