IPG Automotive –業界における真のリーダー

深い歴史に根差した持続可能な成長

当社はカールスルーエ大学(現カールスルーエ工科大学)からスピンオフして創業しました。1984年の創業時から持続可能な研究・開発を重視しています。お客様の課題に確かな専門知識で対応するとともに、オープンな姿勢と開拓者精神を持っています。新しいテクノロジーの開発の発案から量産まで、お客様を豊富な専門知識で支援することが私たちの目標です。

 

創業について

2014年、30周年を記念して、創業者であるAlexander Schmidt工学博士とAndreas Riedel工学博士へのインタビューを行いました。

Schmidt氏へのインタビュー(英語)

Riedel氏へのインタビュー(英語)

会社沿革

R. Gnadler工学博士が有限会社を設立

当社はカールスルーエ工科大学から独立する形で創業しました。2人の研究助手、Alexander SchmidtとAndreas RiedelがRolf Gnadler博士とともに、ビークル・ダイナミクス分野のプロジェクト・パートナーの支援を続けるために会社を設立しました。

1984
1989

最初の IPG HIL-Systemを開発。MESA VERDEで生成されたビークル・ダイナミクス・シミュレーション・モデルであるIPG-CARをリリースしました。

1990

ドライバー・モデルである IPG-DRIVER を開発。さまざまな運転スタイルの自動認識が可能になりました。

1999

ソフトウェア製品をまとめ、新製品としてCarMakerの販売を開始しました。

2001

二輪車開発専用の新しいシミュレーション・ソリューションとして MotorcycleMakerを発表しました。

2002

最初の Fail Safe Tester を販売。障害試験のシミュレーションのスピード、柔軟性、性能、再現性を向上しました。同年、CarMaker for Simulink と Windows向けをリリースしました。

社名変更

社名を現在のIPG Automotive GmbH に変更

2003

新たな優先課題を設定

ビークル・ダイナミクスに加え、運転支援とパワートレインを中核的アプリケーション領域に据えました。

2004

最初のOpen Houseを開催し、Formula CarMakerプログラムを開始

2005年に最初のOpen Houseを開催しました。当初は内部関係者のみの小規模な会合でしたが、現在はバーチャル・テスト・ドライビングに関する業界の国際的な交流の場として、数百名の参加者が集うようになっています。

2005年から、Formula学生チーム向けにCarMakerライセンスを提供するなど、大学対抗レースを後援しています。現在もレース・シリーズを常に拡大しています。

2005

最初の技術カンファレンス
“Apply & Innovate”

2006最初の技術カンファレンス“Apply & Innovate”技術カンファレンス“Apply & Innovate”により、バーチャル・テスト・ドライビングに関する創造的な交流の場を提供しています。国際的なお客様企業やパートナーが当社のシミュレーション・ソリューションを使用したアプリケーションのプレゼンテーションを行います。

2006
2006

最初の独自M-Modulesを発表しました (産業用コンピュータで使用されているメザニン標準)。

 

また、 CarMaker/HILdSPACE のテストベンチで実行できるようになりました。

本社移転

ソフトウェアおよびハードウェア分野の大きな成長を見越し、カールスルーエのBannwaldalleeに現在の本社を移転しました。

2007
2008

高性能でコスト効率に優れた第4世代のIPG HILシステム、Xpack4を完全にモジュール式で利用できるようにしました。リアルタイム・シミュレーションの実現に近づきました!

トレーニング・プログラムの導入

はじめはプロジェクト開始時に、当社のエンジニア向けに製品に関するトレーニングを実施していました。2009年以降は製品全般に関するトレーニングを定期的に実施しています。2009年に実施した最初のトレーニングは、CarMakerユーザー・トレーニングです。

2009
2009

重量車開発専用の新しいシミュレーション・ソリューションTruckMakerを発表しました 。

ミュンヘン支社開設

カールスルーエ本社に加え、ミュンヘン支社を開設しました。

2012
2012

2012年から、vehicle-in-the-loop により現実世界の車両システムを仮想環境で体験できるようにしています。開発プロセスにおける大きな前進です。

CarMaker/ HIL を ETAS LABCARで利用できるようにしました。

ヴォルフスブルク支社を開設

ドイツでの3番目の拠点として、ヴォルフスブルク支社を開設しました。

2013

日本支社を設立、最初のSimulOscar大会を開催

グローバル展開に力を入れ、IPG Automotive株式会社(英文表記IPG Automotive K.K.)が日本国内のお客様を担当するようになりました。

同年、バーチャル・テスト・ドライビング分野のプロジェクトに新たな人材を呼び込むため、SimulOscar大会を開催しました。優れた成績を収めた学生には賞が授与されます。

2014
2014

最初のSteering-in-the-Loopテスト・ベンチ を実現し、お客様サイトでの運用を無事に開始しました。

新しい国際拠点を設置、IPG Automotiveの従業員数が100名以上に

世界的な成長に伴ってアジアおよび米国での存在感を強化するため、上海およびミシガン州アナーバーに新たに支社を設置しました。

従業員数も増加しました。2015年末の時点で、IPG Automotiveの従業員数は100名を超えました。

2015
2015

CarMaker/HILNational Instruments のテストベンチで実行できるようになりました。

韓国およびフランス支社を開設

アジア市場を拡大するため、韓国支社を設置しました。また、ヨーロッパでもフランス支社を開設しました。

2016
2016

CarMaker 5.1をリリースし、テスト自動化に重点を移しました。現在、Test Ware パッケージを提供しています。.

製品