Interviews

「以前よりも2~3倍は効率的に作業しています」

Elektronische Fahrwerksysteme GmbH社(EFS)のChristoph Kossira氏とDr. Paul Spannaus教授へのインタビュー

近年、車両システムのネットワーク化はますます広範囲に及んでおり、その傾向は当分変わりそうにありません。AUDI AG社との合弁会社であるEFS社のChristoph Kossira氏とPaul Spannaus教授に、ESC(エレクトロニック・スタビリティ・コントロール:横滑り防止装置)システムを仮想的に検証し、より効率的な開発プロセスを可能にするソリューションについてインタビューしました。

全文はこちらから

「ADAS領域には、将来想像できないことは何もない」

コンチネンタル社Martin Sevenich氏にインタビュー

量産するまでに数年を要する車両機能を、開発前の段階ではテストしなくてはならない。—Sevenich氏はすでに将来の断片を知っている。私たちは、異なるアプリケーション領域の他に、ドライバ支援と自動運転の分野におけるテスト参加者との技術的な研究の実施、さらに、これらのテストの将来に向けてSevenich氏と議論した。

全文はこちらから

「シミュレーションツールを使わない自動車開発は、もはや想像できない」

オペル社のDr. Jochen Schaffnitにインタビュー, 2016年8月

Schaffnit氏は、自動車メーカーOpel社の車両性能シミュレーション部門に在籍するシャーシ制御の技術統括エンジニアである。車両ダイナミクスの開発領域におけるバーチャルテストの役割とアクティブ・セーフティの全分野について、話を伺った。

全文はこちらから

 

「テストベンチ上でのステアリングシステムのチューニングは確実に開発工程に組み込まれている」

現代自動車社のAxel Honisch氏、Timo Schöning氏、Alessandro Contini氏にインタビュー

現代自動車のRüsselsheimにあるHyundai Motor Europe Technical Center (HMETC)では、ステアリングコンポーネントの効率的な開発、事前適合、検証を可能にするためにCarMakerがステアリングシステムのテストベンチと連成されて利用されています。今回、Axel Honisch氏、Timo Schöning氏、Alessandro Contini氏にテストベンチとバーチャル・テスト・ドライビングを使った経験について聞きました。

全文はこちら

「V2Xのようなコネクテッドカーと自動運転の領域は、自動車開発においてより重要性を増すであろう。」

PSA社のGrégory Gackel氏にインタビュー

Grégory Gackel氏は、グループPSAの電子デバイスの統合検証マネージャである。電気自動車部品試験の部門はプロジェクトの一環で、既存のテストシステムに新しいテスト環境を装備した。既存の44台のナショナルインスツルメンツ社(NI社)のテストシステムのうち、10台はCarMaker/HILで対応可能なハードウェアであった。プロジェクトの目的は、CarMakerソフトウェアを既存のNI社のプロットフォームに移管することだった。

全文はこちらから