Open House 2019: 多様なトピックをご用意しております。

Virtualization - The transformation of vehicle development. Thinking beyond components. Testing and validationg in scenarios. Scaling without limit.

バーチャル・テスト・ドライビングをどのように使うことができるのか、Open Houseでは、バーチャル環境の作成から使い方まで、すべての開発プロセスを通して知っていただくことができます。Open House 2019の注目のトピックは下記の通りです。お見逃しなく!

Agenda

08:30 - 09:30 am | Registration

09:30 - 10:30 am | KEYNOTE/基調講演

10:30 - 11:15 am | Coffee break  live demos at information booths

11:15 - 12:30 pm | Session 1
Generating and managing the virtual test environment
/バーチャル・テスト環境の作成と管理方法

12:30 - 02:00 pm | Lunch break  live demos at information booths

02:00 - 03:15 pm | Session 2
Using the virtual test environment  System integration and flexible scalability
/バーチャル・テスト環境を使う理由―システム統合と高い拡張性

03:15 - 04:00 pm | Coffee break  live demos at information booths

04:00 - 05:00 pm | Session 3
Highlights Release 8.0  New Features in a Nutshell
/バーション8.0のリリースについて―新機能紹介

05:00 pm - | Open House get-together

ADAS/自動運転

  • 複数のGPUを活用したHPC
  • AIの学習機能に対応するセマンティック・セグメンテーション
  • 物理演算ベースのライダセンサモデル
  • OpenDrive®のインポート
  • カメラ用のHIL領域におけるIPGMovieの改良

パワートレイン

  • 新テストベッド製品分野に関する新情報
  • 新ハイブリッド・パワートレインモデル
  • エンジンECUモデルの改良
  • 新トランスミッションの効率性マップ

ビークル・ダイナミクス

  • モデルベースのシステムズ・エンジニアリングに利用できるステアリングシステムの分析
  • 新ダンパ・トップマウントモデル
  • EV用の車両モデルの改良

さらに注目のトピック:

  • クラウド対応のCarMaker
  • シナリオエディタの改良
  • FMUのエクスポート
  • Simscapeブロックのネイティブサポート
  • PMLシステムの統合
  • IPGControlの新機能