Open House 2019: 多様なトピックをご用意しております。

Virtualization - The transformation of vehicle development. Thinking beyond components. Testing and validationg in scenarios. Scaling without limit.

Open Houseでは、お客様の開発プロセス全体を通してシームレスに、バーチャル・テスト・ドライビングを用いた開発試験を実行する方法が見つかります。それは、バーチャルテスト環境の生成から運用までの方法です。また、ADASおよび自動運転、パワートレイン、ビークル・ダイナミクス領域においてワクワクするようなニュースをお届けする他、CarMaker製品群の新しいバージョン8.0について、新機能を独占公開いたします。

本年の見どころに関する詳細は、こちらからご確認ください。


Agenda March 19, 2019

詳しい発表内容予告は、こちらよりご覧ください。

ADAS/自動運転

  • 複数のGPUを活用したHPC
  • AIの学習機能に対応するセマンティック・セグメンテーション
  • 物理演算ベースのライダセンサモデル
  • OpenDRIVE®のインポート
  • カメラ用のHIL領域におけるIPGMovieの改良

パワートレイン

  • テストベッド製品の新情報
  • 新ハイブリッド・パワートレインモデル
  • エンジンECUモデルの改良
  • 新トランスミッションの効率性マップ

ビークル・ダイナミクス

  • モデルベースのシステムズ・エンジニアリングに利用できるステアリングシステムの分析
  • 新ダンパ・トップマウントモデル
  • EV用の車両モデルの改良

さらに注目のトピック:

  • クラウド対応のCarMaker
  • シナリオエディタの改良
  • Simscapeブロックのネイティブサポート
  • PMLシステムの統合
  • IPGControlの新機能