バーチャル・テスト・ドライビングが先進運転支援システム開発を容易にします

ミュンヘン応用科学大学の協力により、私たちは先進運転支援システム(ADAS) に関する特別セミナーを定期的に開催しております。このセミナーは、シミュレーションソリューションとバーチャル・テスト・ドライビングを用い、ADASにおける最新の開発をサポートすることを目的としています。

 

 

参加対象者

当セミナーは技術専門職、自動車メーカーのマネージャ、サプライヤ、エンジニアリング会社、大学および研究機関(ソフトウェア・エンジニアリング、実テスト走行、プロセス,手法開発、計測分野関連)を対象としています。

セミナー内容

当セミナー内では、ハンズ・オン・セッションで具体的な例を取り入れつつ、Vモデル全体におけるADASのシームレス開発をご紹介します。マヌーバとイベントベースのテストアプローチを用い、バーチャル・テスト・ドライビングのデモが、実際の開発現場と同じシナリオによって紹介されます。全体として、セミナーは受講者の皆さまのADASに関する知識を広め、ADAS専門家や他の参加者の皆さまと,専門知識を交換しあう場を提供します。

セミナー情報

セミナートピック

初日

1 - ADAS開発におけるVモデル

2 - 顧客要求の定義

3 - 検証用テストケースの定義

4 - ADASシステム仕様

5 - バーチャル・テスト・ドライビング 入門

6 - 検証用テストケースの定義

2日目

7 - ADAS機能の導入 I

8 - ADAS機能の導入 II

9 - 検証用テストラン

10 - テスト走行 I

3日目

11 - HILおよびVIL環境におけるADAS機能

12 - マイナーな Vサイクルの最適化

13 - テスト走行 II

14 - ADAS ロードマップと開発におけるその関わり

15 - まとめ

詳細は下記資料をご参照ください。

フライヤー Hands-on ADAS Seminar
0.82 MB / PDF / 2016 / IPG Automotive / English

メディア・ライブラリで、
各種資料をご覧いただけます。