Vehicle2X:“コネクテッド”の扉を共に開けましょう

V2Xを検証するための高機能で最先端で効率的な方法をお探しですか?デジタル化とコネクテッド化の波に乗るためにはバーチャル・テスト・ドライビングの利用をおすすめします。フロントローディングと迅速な開発は未来のコネクテッドカー完成への大きな足掛かりとなります。 

アプリケーション領域とは、道路交通情報を早期に提供し交通の流れを改善したり、道路利用者間でブラックアイスバーン・道路工事・異常気象情報を相互で警告したり、天気予報や道路に設置されているライブカメラによるう回路の提供をしたり、ADAS同様広範囲にわたります。 

これらすべてのシナリオが現実に普及するときが、いつかやってくるでしょう。まだ不確定な事項が多いなか、明確に分かっていることがひとつあります:自動運転・自律運転の成功はV2Xソリューションに直結しています。シミュレーションのソリューションとバーチャル・テスト・ドライビングを利用した長年の車両開発経験で当社が皆さんの開発の負担をおたすけします。

通信が2台の車両間(V2V)、車両とインフラ間(V2I)、車両とバックエンドのITシステム間、のどれであったとしても、非常に高い安全性と快適性のためにバーチャル・プロトタイプを利用すれば早期段階でこれらの機能を検証できます。車両のデジタル化は周囲とのデジタル通信と同じペースで発展しますー早い段階から検証が可能になるバーチャル・テスト・ドライビングを利用しない手はありませんよね?バーチャルの世界では、実世界では実現不可能なほど複雑なテストを実行できます。車両の“コネクテッド“をグレード違い、複数の交通シナリオの混在、完全協調した運転環境、等の評価が可能になります。

交通流最適化

このトピックでのキーとなる問題は、運転機能によって、どのように交通の流れがスムーズで事故の起きないことを担保できるか、です。急ブレーキ、信号無視、大渋滞は交通が乱れる原因ともなりますが、こういった運転はドライバと車両が適切な時に全ての情報を受け取っていれば回避できます。運転支援機能は、交通流最適化に大きな影響を与える可能性があります。– そして、バーチャル・テスト・ドライビングは、これらの機能が他車両や環境に対して思い描いている通りに反応するかを開発の早い段階から検証する機会を与えてくれます。

開発中の車両が、交通信号の現示に合ったタイミングで交差点に近づくためにどのように信号と通信をするのかをバーチャルで検証することが可能です。また、ネットワーク化されたサービスから伝達される情報をディスプレイする様々な方法を早期に検証でき、また、ドライバがループの中に必ず含まれているかどうかの検証もしていただけます。スムーズな交通の流れに寄与するためのアプリケーションは数えきれないほどあります。バーチャル世界での検証で、明日の交通を、いま。

交通事故ゼロの運転・交通安全

コネクテッドカーの運転は、とくに交通事故ゼロを考慮した際に大きな可能性を秘めています。車両が道路上の人や車の位置を検知し、周辺状況(赤信号、水たまり、道路工事、等) を認知し、他の交通流物標や環境の機能と通信が出来れば、自車の運転モードを適切に対応させることが出来ます。ここでは車両の持つ情報をどのようにドライバへ伝達するかが非常に重要になりますが、理想的なディスプレイをするためのHMIインターフェイスの最適化とバーチャル・テスト・ドライバの利用で検証していただけます。 

さらに一歩先へ足を踏み出して、適切なマヌーバを実行することで危機的状況に個別で対応させるような運転機能を作り出すことも可能です。考えうるシナリオ全てを開発期間中に検証し、協調している車両はどのような動きをし、どのように他の物標と通信するのかを異なるマニューバ(例:追い越し、接近する交通流物標の警告をしつつ緊急ブレーキをかける)でバーチャルテストを実行する中で評価できます。もし、全ての車両がお互いに通信できたら、リアクションまでの時間は削減され、交通事故を防ぐことができます – 包括的なV2X機能は交通事故ゼロ社会への大きな一歩を踏み出す助けになるのです。

環境

実社会における化石燃料の節約と保護は、今後さらなる注目を集めるトピックです。IPG Automotiveはバーチャル車両を利用することで重要な問題の解決策を見つけるお手伝いをします。リアルタイムな情報を利用して街中で駐車できる場所を効率的に探したり、不要なペダル操作を控えて排ガス排出量を削減したり、交通管理システムからの情報を利用して最適なルートを選択したり。車両間のコネクテッド化がすすむと、その周辺環境も環境保全に手をさしのべることが可能になってきます。 

バーチャルな世界で機能開発 ― 個々の運転マニューバで影響を瞬時にチェックできますし、実世界の燃費や交通の流れを計測することもできます。バーチャルテストには再現性の限界はありません:全てのシナリオをいつでも繰り返し検証でき、機能の最新の開発のために少しだけ変更をすることも可能です。バーチャル・テスト・ドライビングがあれば、ドライバ、インフラ、周辺環境を含む完全なモデル環境にコネクテッド化した車両をおいたテストを実行することも可能になります。幅広い交通シナリオに適応しているドライビングモデルを利用して、最適化できる可能性を見つけ出すことが出来ます。

スマートホーム

夢にしか思えない将来を、いま、検証しましょう!成熟したネットワークソリューションを実装した車両を提供して、最大限のコンフォートを体験してもらいましょう。車両からクラウドへのアクセス、ドライバが自宅に到着する30分前から暖房のスイッチをオンするコネクテッドシステム、さらには追加されたスマートホーム機能に車両から直接アクセスできるインターフェイス、等が可能です。 

バーチャル・テスト・ドライビングは、ドライビングシミュレータで道路に適しつつも異なった操作コンセプトを試すことを可能にしたり、高度に成熟したシステムを利用して機能の安全性を検証できます。

V2XアプリケーションをサポートするIPG Automotiveのバーチャル・テスト・ドライビング

  • CarMakerで交通流のシナリオを直接実行することができます。IPGTrafficや当社のオープンな統合性とテストのプラットフォームを使って、パートナー企業さまの専門知識の活用や外部ツールを連成が可能な様々なインターフェイスもご利用いただけます。
  • 交通信号のような追加インフラ情報を含む複雑な道路ネットワークを地図データ(例:ADAS RP)から CarMaker製品ファミリへ簡単にインポート、または実世界のシチュエーションを基にした複雑なシナリオを制限なく設定できます。
  • マニューバベース、イベントベース、シナリオベースのアプローチをして交差点での運転順序や詳細な走行ルートを計画するような車両間の細かいマニューバ協調をバーチャルな世界で開発できます。
  • カメラセンサ、ラジオシグナル、等の様々なソースから異なるインターフェイス (例:ADTFインターフェイス)経由でシミュレーションに情報を送り、データをフュージョンさせ、優先順位をつけ、妥当性を検証することができます。
  • 2台またはそれ以上の完全自動化・コネクテッド化された車両から届くアルゴリズムをテストし、カスタマイズしたシミュレーションのソリューションで車両の行動を最適化できます。
  • ヘッドアップディスプレイにコネクテッドの機能通知(例:リアルタイムの情報を得てルート変更、ブラックアイスバーン警告、等)を表示させ、早い段階にバーチャルリアリティアプリケーションを使って検証できます。
  • 当社の詳細なモデル環境で群知能を検証し、異なるパラメータ(交通信号の現示、道路工事、等)に従っている個々の物標のマヌーバを協調できます。
  • 例えば気象サービスとの接続などの環境情報を車両の行動決定に統合し、シミュレーション中に車両と外部情報ソース間のコミュニケーションを評価・検証できます。また、リアルタイムで経路をナビするためにどの程度までのブラックアイスバーンや豪雨を考慮するのかをテストもできます。

V2Xのアプリケーションは山ほどあり、質問も山ほどあります:車両間はどのようにコミュニケーションするか?周囲とはどうコミュニケーションするか?通信の接続は常に担保されるのか?通信障害が起きたときの車両への影響はどうなるのか?車両は受け取ったデータをどのように評価して、どのマニューバを実行するかをどう決めるのか?データの精度や信頼性、また正しいマニューバを推測するために利用するそれらのデータが、V2X機能開発には重要な要素です。道路上でお客さまの安全を確保するため、バーチャルの世界で早い段階から全ての考えうるシナリオを検証するのがベストなのです。

詳細は下記資料をご参照ください。

資料 カメラベースの先進運転支援システム検証向けソリューション
1.33 MB / PDF / 2020 / IPG Automotive / Japanese
画像 IPGMovie - Car2X
1.66 MB / JPG / 2016 / 72dpi / RGB / IPG Automotive / English

メディア・ライブラリで、
各種資料をご覧いただけます。