バーチャル・テスト・ドライビングでADAS機能をテスト

総合的なセンサ技術を使うことにより改善される検証過程

CarMaker製品ファミリは、すべての現存するセンサ技術のバーチャルモデル化を可能にします

ブレーキアシスト、衝突回避システム、クルーズコントロール、パークアシスト機能など、先進運転支援システム(ADAS)がない車は、もはや想像もできません。これらは自動モードで車両の加速、ブレーキ、ステアリングに影響を与えることができます。視覚的、聴覚的または触覚的な警告を与えることで、危険な状況になる前と最中にドライバーをサポートし、危険な状況から回避し、乗員の安全性を向上させ、快適性を高めます。今後も、自動運転の実現に向けた次のレベルの土台を構築するためのアシストシステムの要件は増え続けます。

 

センサの相互作用から完全な環境認識を実現

現在のADASは、関連するすべてのオブジェクトを含む車両の環境をキャプチャします。これは、さまざまなセンサを使用し、それぞれのセンサから補完的に提供されるデータを分析して組み合わせること(センサフュージョン)によって実現されます。カメラ、LIDAR(光検出と測距)、レーダ(無線検出と測距)および超音波システムは、通常、次の方法で使用されます:

  • カメラシステムは、交通標識、人や他の道路利用者や車線標示を認識します。
  • 超音波システムは、車両周辺にある物標を検出します。
  • レーダおよびLIDARシステムは、遠い物標を検出します。

 

LIDAR システムはレーザー インパルスを放出し、光後方散乱光の飛行時間を測定することによって、車両の周囲の静止物標または動く物標までの距離を決定します。

バーチャル・テスト・ドライビングで将来の自律運転車両にむけた複雑なシナリオを検証

ADASの開発プロセスでは、センサの必要な機能を考えられるすべてのシナリオでテストする必要があるため、大規模な検証作業が必要です。したがって、バーチャル・テストを使用した検証は、これまで以上に大きな役割を果たします。バーチャル・テスト・ドライビングにより、さまざまなシステムやコンポーネントを早期に車両全体でテストおよび最適化することができます。

CarMaker製品ファミリとLIDARシステムのモデルを実装することで、ユーザーは1つのシミュレーションソリューションですべてのセンサ技術を利用することができるようになりました。レーダ、カメラ、超音波およびLIDARシステムのための多数のパラメータを介してリアルタイムなバーチャルモデル化と個々の適応が可能になりました。このようにして、テストが物標検出に焦点を当てているか、検出から下した判断に焦点を当てているかにかかわらず、開発段階でエラーの原因を特定し、排除することができます。

まとめ

CarMaker製品ファミリと現存するすべてのセンサ技術のモデルを使用したバーチャル・テストの利点:

  • 相互作用をするリアルタイムなモデルの検証
  • 個別調整のオプション
  • すべてのセンサ機能の検証
  • アシストシステムで起こるエラーの原因の早期発見

LIDAR および CarMaker 製品ファミリの詳細については、こちらをご覧ください。

お問い合わせ送信