ビークル・ダイナミクス

開発の初期段階から適用可能

バーチャル・テスト・ドライビングでシャーシおよびシャーシ制御システムの開発、テストに対応

完璧なシャーシ設計は、安全で快適、そしてスポーティな走行に不可欠です。当社の出発は1984年の車軸設計からでした。現在は、組み込みMBS車軸でもIPGKinematicsとの連動でも、開発プロセス全体でシャーシ設計を支援するソフトウェア・パッケージとしてCarMakerを提供しています。ビークル・ダイナミクス領域では、Model-in-the-Loopから操舵テスト・ベンチでの操舵感の調整までのあらゆるポイントで、バーチャル・テスト・ドライビングを実装できます。

ビークル・ダイナミクスシミュレーションの品質は、車両モデルに大きく依存します。ビークル・ダイナミクスを正確かつ効率的にシミュレーションするには、非常に高精度で高性能なモデルが必要です。CarMakerは、仮想車両のバリエーションを承認するためのシミュレーションベースのESC認証に使用されています。つまり、当社のモデルは十分な試験を経てきたということです。

テスト走行のエキスパートと協力してバーチャル・テスト・ドライビングを開発することで、バーチャルでも現実世界でも同じマヌーバの実行が可能になりました。現実世界のテスト走行に加えてバーチャル・テスト・ドライビングを使用すれば、シャーシおよびビークル・ダイナミクス制御システムの検証およびテストに関する作業を管理できます。

ビークル・ダイナミクスのためのバーチャル・テスト・ドライビング

利点:

  • マヌーバベース、イベントベース、シナリオベースのテストで、実際の運転マヌーバを仮想世界において1:1でモデリング
  • IPGDriverの現実的な高性能ドライバー・モデル(さまざまなタイプのドライバーのシミュレーションが可能)
  • シミュレーションベースのESC認証によって実証済みの高精度の車両モデル
  • リアルタイムのMBS車軸
  • ADAMS Data Converter、KnC Data Converter、IPGKinematicsを使用した車軸のパラメータ化 
  • 操舵テスト・ベンチで操舵システム全体をテスト
  • 幅広い派生車種の管理(テスト自動化を活用した分析やレポート生成など)
  • エンジニアリング・サービスが仮想プロトタイプの設定を支援

ビークル・ダイナミクスアプリケーション向けのソリューション

個別アプリケーション領域の詳細情報については、以下をご覧ください(英語):

シャーシ開発

乗り心地制御システム

操舵システム

仮想ベンチマーク

詳細は下記資料をご参照ください。

資料 ビークル・ダイナミクス
3.75 MB / PDF / 2016 / IPG Automotive / Japanese
画像 IPGMovie - ドリフト
1.39 MB / JPG / 2016 / 72dpi / RGB / IPG Automotive / English
画像 IPGMovie - μ-Split
0.98 MB / JPG / 2016 / 72dpi / RGB / IPG Automotive / English
画像 IPGMovie - スラローム
1.26 MB / JPG / 2016 / 72dpi / RGB / IPG Automotive / English
Bodyguard's u-turn
15.26 MB / MP4 / 2015 / IPG Automotive / English

メディア・ライブラリで、
各種資料をご覧いただけます。