その他アプリケーション領域

バーチャル・リアリティと走行シミュレータ: 実走行を開発の初期段階から

未来の自動車にはさまざまな構想があります。新世代の自動車がどのような形であれ、何よりもまず重要なことは、人と自動車がやりとり(インタラクション)をする状況で車両が適切に機能することです。これは、例えば「運転時に機能の明確さが制限されるか?」といった設計段階での問いから始まります。運転支援の領域では、ドライバーと自動車のインタラクションが適切に機能することが特に重要です。新しいシステムが市場において確立されるかどうかは、ドライバー(自律走行車の場合は乗客)の主観的体験と評価によって決まります。 

  • 物理プロトタイプがまだできていない状態で、人と自動車のインタラクションを調査するにはどうすればよいでしょうか? 
  • 多様な使用法に耐えるロバスト性を備えたシステムを設計するために、どのように挙動パターンを測定すればよいでしょうか? 
  • マネジメント層への提案などのため、開発中の機能を体験できるようにするにはどうすればよいのでしょうか?

答えは、こちらをご覧ください(英語)!

オフハイウェイ: 様々な地形への挑戦

悪路の中、重量物や大量の土を積載して走行し、極めて高い精度を維持するオフハイウェイ車両は、過酷な条件で最高の性能を発揮します。製造者のミッションは、性能の限界に常に挑戦することです。また、環境影響、燃料消費、快適性、使いやすさに関する要件も増加しています。これに応える技術として誕生したのが、インテリジェントなソフトウェアを備えたメカトロニクス・システムです。このメカトロニクス・システムは、シームレスなプロセスによる設計、完全なシステムへの統合、最適化のための調整、徹底的なテストを経る必要があります。 

  • 厳しい開発計画と予算を守るにはどうすればよいのでしょうか? 
  • どうすればグローバル市場の多くの派生車種を管理できるでしょうか?
  • 性能などの目標と環境への影響の対立を解決するにはどうすればよいでしょうか?
  • システム全体の状況を見失うことなく、スペシャリストが個々のシステムに取り組むにはどうすればよいでしょうか?

答えは、こちらをご覧ください(英語)!

詳細は下記資料をご参照ください。

Tire pressure monitoring systems - TameTire with Michelin (Apply & Innovate 2012)
1.49 MB / PDF / 2012 / Michelin, Oliver Blanco Hague / English

メディア・ライブラリで、
各種資料をご覧いただけます。