アプリケーション領域:
すべてのプロジェクトに最適なノウハウを

未来のテクノロジー開発を支援します

ビークル・ダイナミクス、運転支援、パワートレイン:お客様のアプリケーション・シナリオに適したソリューション

ビークル・ダイナミクス、運転支援、パワートレイン領域のアプリケーションを開発している場合、当社のテスト方法を使用すれば、厳しさを増す自動車業界の開発要件を満たしつつ、個々のアプリケーション・シナリオに対応できます。テスト方法は自動車システム・エンジニアリング・アプローチに基づいています。つまり、現実的なテスト・シナリオで、車両全体におけるシステムを完全な形でテストするのです。当社はバーチャル・テスト・ドライビングによって、3つの主要アプリケーション領域でこれを実現しています。また、バーチャル・リアリティ、走行シミュレータ、オフハイウェイといった特殊アプリケーション領域においても、お客様のパートナーとして信頼を得ています。

当社は創立してまもなく、バーチャル・テスト・ドライビング領域のさまざまなサービスの基礎となる戦略的意思決定を行いました。最初の重点領域はビークル・ダイナミクスアプリケーションでした。まずビークル・ダイナミクスに取り組み、高精度のビークル・ダイナミクスモデルから出発したことが、長年にわたって運転支援およびパワートレイン領域の課題に立ち向かう揺るぎない基盤となりました。豊富な専門知識とノウハウを持つ当社は、特に自動運転とグリーンモビリティという未来の巨大トレンドに対応する上で非常に有利な立場にあります。

バーチャル・テスト・ドライビングに関する幅広い製品ポートフォリオは、当社の自動車システム・エンジニアリング・アプローチを反映しています。ほぼすべてのアプリケーション・シナリオに対応できるソリューションを取り揃えています。万が一対応できないシナリオが見つかった場合は、お客様のご協力を得て、要件を完全に満たす個別ソリューションを開発します。当社では各種プロジェクトに資金を投じ、常に目標を定めて専門知識を深めています。未来のテクノロジーを直接体験するだけではなく、研究の発展における役割も果たしています。お客様やパートナーとの緊密な協力は、当社の基本的価値観の一つである「新しいことを積極的に受け入れる」姿勢を表しています。当社は、常にお客様に最適なソリューションを提供できる体制を整えております。

あらゆるテストに正しい選択を

システムの開発とリリースには、様々なテストが必要となります。当社では、フェイルセーフテスト、機能テスト、パフォーマンステストの3種類を区別しています。最適な開発プロセスを実現させるため、どのテストを行う際にも、私たちのシミュレーション・ソリューションがご希望のリソースを提供します。

フェイルセーフテスト

フェイルセーフテストは、コントロールユニットの検証に重要となります。誤作動を起こした際に、どのように動くのか。例えば、信号が無い、またはオフセットの場合にどうなるのか。フェイルセーフテストは、フォールバックの状況や、メモリ障害、故障の際のドライバー情報を確認します。

機能テスト

機能テストは、システムの機能が正しいタイミングで実行されているかどうかを確認します。これは、システムが状況を正しく認識した時に機能しているか、完璧に機能を果たしているかの検証を含みます。

パフォーマンステスト

最後に、機能の品質を評価するためにパフォーマンステストが必要となります。ある機能が、特定の、または複雑な運転操作や極限状態においてどのように働き、どのような結果を出すのかを検証します。